本文へスキップ

京都大発の高度の治療強度のANK癌免疫療法提携クリニック 天神ひわきクリニック

お問い合わせはTEL.093-511-2014

福岡市中央区大名2丁目9-34アクシブ天神ビル701

プラセンタ注射とANK癌免疫療法を専門に行っています。福岡市の天神ひわきクリニック

福岡市の天神ひわきクリニックでは

2003年、京都大学の勅使河原先生、大久保先生のご指導のもとANK癌免疫療法の提携機関として多くの癌患者様の生還のための治療を行なっています。
また、プラセンタインプランテーション注射を開発し、自己免疫性疾患、膠原病、脳脊髄液減少症、アレルギー疾患、不妊、倦怠感など多くの難病治療を行なっております。美容的にも大きな効果があります。

ANKがん免疫療法 NK細胞を活性

ANKがん免疫療法は、京都大学の研究者が開発した癌免疫療法で、NK細胞の活性UPと1000倍の増殖を可能にした再生医療等安全性確保法のもと厚生労働省届出医療施設で行われます。


高濃度プラセンタ注射 プラセンタインプランテーション 胎盤埋没療法

プラセンタの中でも最も効果が高い「プラセンタ埋没療法」が、簡単な皮下注射だけで受けられます。プラセンタの濃度は一般的なプラセンタ注射の500倍以上。持続期間も長く3週間~1ヵ月に一度の施術で充分な効果が得られます。


informationお知らせ

  • 完全予約制のクリニックです

    まずは、お電話ください。093-511-2014
  • ANK免疫細胞療法セミナー開催の日程(無料)

    セミナーの日程はこちら
  • ホームページをリニューアル致しました。

tenjin-HiwakiClinic天神ひわきクリニック

〒810-0041
福岡市中央区大名2丁目9-34アクシブ天神ビル701
TEL 093-511-2014